GX400sp BALLE FULLCOWL

チョッパーフレームのチョッパースタイルから
ロケットカウルカフェスタイルに仕様変更したGX400sp。

そして3度目のスタイルはこのフルカウル!

s-GX400フルカウル

s-GX400フルカウル6

このフルカウルもフレームなど切ったり貼ったりしないで全てボルトオンで3スタイルが楽しめます。

チョッパーフレームでの変更なので
シート位置も低く、低いセパハンも疲れない仕様となっております。

その他カスタムの詳細はチョッパーGXとロケットカウルBALLE!と
全てフレーム・足回りは同じですので略します。

s-GX400フルカウル7

フルカウルと言えばバイクの大半を覆い隠すようなイメージがありますけど

このフルカウルBALLEは余分な部分は全て排除してコンパクトに。

全体のボディーラインはスリムなデザイン第一で作りました。

s-GX400フルカウル10

その細身のカウルは空気抵抗も少なく最高速が伸びます。

フルカウルで覆い隠してその隙間から除くフレームやエンジンなどから
メカニカルな感じがさらに強調されます。

s-GX400フルカウル11

反対側はクランクケースがカウルにあたるため

その部分を切り抜き

s-gx400e38395e383abe382abe382a6e383ab12[1]

切り抜いた部分に金網を張ってレーシーな感じで

ゼッケンの文字を無視して切り抜くところが

開発途中のレーシングマシンみたいな雰囲気であります。

s-GX400フルカウル3

全体のカラーリングはタンクだけ赤でその他はマットブラックに。

開幕戦前のカーボンフレームむき出しのレーシングマシーンのような感じで。

そのマットなカウルには戦闘機のノーズアートのように
部分的にロゴやメッセージをペイントしました。

s-GX400フルカウル2

カウルの後方から出た、かち上がった磨き無しのサイレンサーが攻撃的で

デザイン的にもスピード感があります。

s-GX400フルカウル9

2気筒のエンジンから出たエキパイは、カウルを取り付けた時に邪魔なので、
エキパイの通る部分をカットしました。

その切り方は、つるしの出来上がったマシンを速くするためエキパイを変更した時に

カウルと干渉するためにピットで切ったようながさつな出来で、
がさつな感じがリアルなレ-シングマシンみたいです。

またそこから覗く焼けたサーモプロテクトが良い雰囲気をだしてます。

後方から見たカウル!ボディーが細みで、150タイヤの太さがが更に強調され、

s-GX400フルカウル5

そしてこの張り出した、かち上がったサイレンサーと
それより少しでたハンドルが羽のよう。

地を這う戦闘機と言う感じで仕上げました。

s-GX400フルカウル8

車高を落として全体的に低くなったホルムが攻撃的。

バランス良くまとまっています。

この車両の動画です。

13. 4月 2011 by AN-BUcustommotors
Categories: CUSTOM BIKE, GX400 |

/