GX400sp BALLE FULLCOWL

フレームのエンド部分をループ加工しただけの車両に

アンブ汎用パーツのロケットカウル・タンク・リアカウルを使って

そのほか足廻り変更で製作しました。

s-balle-gx400-5[1]

足廻りフロントは

s-balle-gx400-2[1]

18インチホイールにフローティングダブルディスクに

APブレーキキャリパーを装着。

s-balle-gx400-15[1]

タイヤはAVONべノム

リアは150サイズのAVONべノム

s-balle-gx400-3[1]

カウルタンク、シートすべてがナローだから
横幅150のタイヤが強調されてます。

装着したハイグリップタイヤに合わせてリアブレーキもAPを装着。

s-balle-gx400-14[1]

リアタイヤから少し前に左右に張り出すマフラーは
ステンレスでワンオフで製作

s-balle-gx400-13[1]

しっかりした排気音をだすために使ったステンは
金属がびびって音が響かない厚みの物を使用して製作。

リアカウルはアンブ汎用パーツTYPE1を加工して使用.

s-balle-gx400-91[1]

シートもこだわりの黒の本皮を使うことで

s-balle-gx400-82[1]

使うにつれて自分の体の形に合い
茶色く味がでてきて雰囲気がよくなります。

後ろのカウルも脱着可能になります。

s-balle-gx400-17[1]

タンクもアンブ汎用タンクTYPE1を使用。

s-balle-gx400-19[1]

アンブのFRP汎用タンクは全て

熱、振動、外からの衝撃に強いカーボンマフラーなどを作る時に使う材料を使っています。

時速150kmで空中を50m飛ばされてやっと割れるくらい丈夫です。
金属タンクならくしゃくしゃになっていたと思います。

フロントカウルもアンブ汎用ロケットカウルTYPE1を使っています。

s-balle-gx400-10[1]

ナローなカウルには、戦闘機のノーズアートみたいに
思いのままに文字をペイント。

s-balle-gx400-161[1]

 今までにないサイズで今までのカウルのサイズとは違います

カウルの中のコックピット。

s-balle-gx400-20[1]

レーシーに油温計と回転計のみ

ライダーから見やすく角度をつけて装着

全てのパーツをうまく使って全体的にまとまってバランスよく

s-balle-gx400-4[1]

使う材料パーツにもこだわり軽量化

s-balle-gx400-6[1]

これは私の今はなき事故前のバイク

排気量デカクしたら速いのはあたりまえ

400ccのままで段付ヘッドにノーマルキャブMAX REV14000rpm!

黒い鉛球 弾丸BALLE!

21. 10月 2009 by AN-BUcustommotors
Categories: CUSTOM BIKE, GX400 |

/